京都国立博物館(京博)の2018年春の特別展は、池大雅の展覧会(池大雅 天衣無縫の旅の画家)です。

南画の大成者と呼ばれる池大雅の初期から晩年までの作品を展示する回顧展となります。開催概要や展示作品について触れています。

Sponsored Link

京博の2018年(平成30年)の春期特別展は【池大雅展】

池大雅展
池大雅展

 

江戸時代中期の南画家・池大雅(1723年~1776年)の大規模な回顧展が80年ぶりに京都で開催されます。

 

池大雅の初期から晩年にいたる代表作と、大雅の交友関係を示す資料などが展示される予定です。

 

池大雅~天衣無縫の旅の画家~の開催概要

Sponsored Link

展示会場

  • 京都国立博物館の平成知新館

 

会期

  • 2018年4月7日(土)~5月20日(日)

 

休館日

  • 月曜日

ただし4月30日(月・祝)は開館し翌5月1日(火)は休館

 

開館時間

  • 午前9時30分から午後6時00分
    毎週金曜・土曜日は午後8時00分まで開館

 

入館は閉館30分まで

 

チケット料金

当日券

  • 一般 :1500円
  • 大学生:1200円
  • 高校生:900円

 

大学生・高校生は学生証の提示が必要

中学生以下は無料

障がい者とその介護者1名は無料(要証明)

前売り券・団体料金

  • 一般 :1300円
  • 大学生:1000円
  • 高校生:700円

団体割引は20名以上で適用されます。

 

展示作品

池大雅展の看板
池大雅展の看板
  • 楼閣山水図屏風(展示期間:2018年5月2日~20日)
  • 浅間山真景図
  • 嵐峡泛査図屏風
  • 三熊思孝筆 大雅・涌蓮・売茶翁像

など。

 

展示作品一覧が公開されるのは2018年3月頃でしょう。

 

2018年秋の京博の特別展は「京のかたな展」です。

Sponsored Link